マンションの査定に料金は必要なのか

不動産鑑定評価は法によって不動産鑑士のみが独占する業務

しかし、評価額が3億円であった場合の費用は70万円を超えます。
どうして鑑定評価額が高くなることで支払う費用が高くなるのかというと、まず不動産鑑定評価は法によって不動産鑑士のみが独占する業務として定められています。
国家資格として認められている鑑定士が署名や押印をした評価書は、大きな意義を持つと同時に鑑定評価を行うことに対する責任も重いものです。
提出した評価書に対し、いろんな疑義が生じることで担当の不動産鑑定士や業者へ損害賠償請求をされてしまうケースもあります。
不動産鑑定士には、そうした訴訟リスクも背負い業務を行います。
鑑定評価額が高い物件を扱う際には、より責任の度合いが高くなることから報酬額を高くすることはやむを得ないと考える人は多いです。
さらに、鑑定の類型によっても報酬額が異なることもあります。
例えば、宅地又は建物の所有権が2千万円までの鑑定料金は22万円台ですが、宅地の借地権は同じ2000万円までの鑑定料金でも28万円と高くなっています。
これは、宅地の借地権の評価の方が技術的に難しくなり、作業量が多くなるため手間がかかった分費用も高くなりがちといえます。
一方、無料で不動産査定を行っている業者はどうして無料でできるかですが、不動産会社が行う不動産査定業務は、所有する不動産を売却する目的で行う業務の一環です。

人工知能で不動産を無料査定!
簡単操作で完全無料
AI搭載!不動産即時自動無料査定 あなたのお家[ハウマッ家(チ)] https://t.co/4Zk3FGSMHQ #一括査定 #無料査定 #不動産 #住宅ローン #家の査定 #任意売却 #どようび  #住宅査定 #マンション査定

— エイミックス | 任意売却の専門家 (@amics_ninbai) 2019年2月23日

不動産会社などに依頼する場合の料金は無料のものと有料のものの2種類不動産鑑定評価は法によって不動産鑑士のみが独占する業務不動産会社のレベルには、かなり幅があります

マンション査定プロが教える!マンション査定時のチェックポイント